ドードーの家

山梨県の田畑が広がる田園地帯の一角に中庭を囲うような平家の住宅を考えました。敷地周辺は比較的広い敷地が売買されている地域になり、周囲にはパラパラと戸建住宅が並んでいるような敷地になります。そんな広い敷地にポツンと建物を建てても、広大な庭は結局人気がない空間になってしまい、有効に活用することができないと考えました。 そこで、有効な外部空間を手に入れるため、広場となる中庭を用意し、その中庭を囲むように建物のメインである塔屋とリビングや個室、廊下を配置しました。個室は少しずつ雁行させることで、路地のような感覚になり、中庭の広場と廊下の路地という対比を生み出し、街が家の中に入って行くような散策できる空間をつくりました。 中庭はGLから少しか上がることでプライバシーをもちます。盆地の中の平坦な敷地ですが段差をつくることで変化に富んだ魅力ある空間を目指しました。

クレジット

  • 設計
    トートアーキテクツラボ
  • 担当者
    安田智紀
  • 施工
    M's-A
  • 撮影
    矢野紀行

データ