ESCALIER KOJIMACHI

Building Type :複合施設

四谷駅近くオフィスの計画である。 敷地北側は接道、東側南側は由緒あるお寺であり、三方開けた立地を活かすため西側にコアを寄せることで三方向でボリュームをずらしながら各階のボリュームを前後にずらすことで、中間領域として緑あふれるバルコニーを生み出し、それを階段によって繋げることで上下階のコミュ二ケーションを誘発し、街とも関係性・連続性をもてるよう提案した。 構造は南北のボリュームのずれとコア部分間仕切りの最小公倍数より導き出された、比較的小さな2.4mグリッド、プレストレストによって部材耐力を向上し、断面を小さくすることで軽やかでリズミカルな構造とした。 フランス語で階段を意味する『ESCALIER』、スタートアップやベンチャー企業が階段を登っていけるようなオフィスにできないかとのクライアントの思いの元、事業性を成り立たせつつ、街並みの履歴を継承し次世代に残せる建築を目指した。

[data]
  • 構造
    鉄筋コンクリート造
  • 工事種別
    新築
  • 竣工
    2021-03
  • 延べ床面積
    445.75㎡
  • 所在地:
    GoogleMapで開く
[credit]
  • 設計
    ETHNOS 機械設備:イーエスアソシエイツ 電気設備:環境トータルシステム
  • 担当者
    櫻井建人
  • 構造設計
    ANDO Imagineering Group
  • 施工
    田中工務店
  • 撮影者
    堀越圭晋(エスエス)